fc2ブログ


PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 減薬・断薬へ
にほんブログ村

断薬減薬ランキング
2016/07/22

もうすぐ断薬1年





8/2で 断薬1年になります。

特に酷い離脱症状もなく、平穏無事に毎日を過ごしています。

飲まないのが当たり前になると、
日常の不平不満で悩んだりするのですが

考えてみれば、「飲まない」状態になることは
減薬中には 夢か幻のようでした。

今、その夢のような状況 つまり
「飲まなくて 普通に過ごせる のが当然」 
な状況にあります。

そんな状況であることに感謝し、
飲まないで過ごせる幸福を自覚し、
そして、その状況を自力で勝ち取った自分に
よくやったと言ってあげようと思います。

減薬中の苦しみと断薬後の喜びを思い出せば、
日常での小さな悩みが軽くなります。

今はこんな良い状況にあるだということを思い出せば、
小さな悩みは吹き飛びます。

これからも「良い状況を 自力で勝ち取った努力と喜び」を忘れないようにしたいと思います。

人間は良い状況にいても、更に上へ上へとありたい欲望がありますが
欲をほどほどにすると、毎日 心平和に過ごせるような気がします。
関連記事
2016/07/08

忍容可能な離脱症状とは





忍容可能な離脱症状とは

我慢出来るギリギリの範囲というより、
「QOLが落ちない」
つまり
「生活の質を出来る限り落とさない範囲」
のものであると思います。

仕事しながらの減薬だったので、
「仕事を休まない」 「仕事の質に影響を与えない」
範囲に抑える必要がありました。

我慢出来るけど、何日も 耐えて耐えて過ごすというのでは、忍容可能とは言わない気がします。

そういう時間は 出来る限り ゼロに近くなるように
減薬量を調整していました。

減薬量が自由自在にコントロール出来る水溶液減薬なら、それが可能です。

歯を食いしばって耐える時間は出来るだけ少なくする。
生活の質を落とさない程度に離脱症状を抑える。
そのために、水溶液の量を増量したり、注射器への抽出量を少なくして、減薬量をコントロールする。

それが 年単位 継続が必要な減薬作業で「心が折れない」ために必要なことだと思います。
関連記事
2016/07/04

興奮と鎮静がスムーズに切り替わる体(脳)





減断薬により 薬が必要のない体(脳)になるには 
脳の回復 つまり、GABA受容体の数を増やし、
副交感神経の機能が回復することが必要です。

そうして 最終的には、

「興奮と鎮静がスムーズに切り替わる体(脳)」

になることが大切だと思います。

現代 ストレス社会では、交感神経(興奮)が優位になりがちなので
副交感神経(鎮静)を優位にすることが良いことのように思われていますが

副交感神経が常に優位になることが良いことではなく、

「交感神経と副交感神経が上手く切り替わること」

が大事だと思います。

昼 活動する時に、交感神経が優位になり
夜 寝る時や 食事の時 副交感神経が優位になる。
その 切り替わりがスムーズにいくことが大事なのだと思います。

逆に、そういう生活スタイル
つまり、昼は体を肉体的に十分に動かし、夜は夜更かしせず 早めに就寝する。

めりはりをつけた生活をすることが 自律神経を鍛え、

「興奮と鎮静の舵取り能力」

を取り戻すために大事なことではないかと思います。
関連記事
2016/07/02

半夏厚朴湯





断薬336日目
去年 8/2から断薬しているので、今日で 断薬11ヶ月目です。

ところで
1週間くらい前から、半夏厚朴湯 という漢方薬を飲み始めました。
自律神経によいらしく、飲み始めてから調子が良いです。

-----------------------------------
半夏厚朴湯(お薬110番)
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se52/se5200122.html

半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)という方剤です。神経をしずめて、心と体の状態をよくします。また、咳や吐き気をおさえる作用もあります。

心身ともに疲れやすく、冷え症で繊細な人に向く処方です。とくに、ノドのつかえ感を訴えるときに好んで用いられます。

具体的には、不安感や緊張感、イライラ、抑うつ、不眠、神経性の胃炎や動悸、めまい、さらに喘息や気管支炎などにも適応します。
--------------------------------------------------

自律神経を鎮静するのに良さそうですね。

私は漢方薬はほとんど飲んだことがなく、ほとんど知識がありません。
副作用がほとんどなくて、自然の草や木から作られた程度の知識です。

今から 勉強してみようと思いますが、
漢方に詳しい方がいたら、情報交換したいですね。

漢方薬はツムラが有名みたいですね。
ネットで購入して、明日届く予定の ツムラの半夏厚朴湯
https://www.tsumura.co.jp/products/ippan/040/index_50.shtml

1週間前から飲んでいて今日でなくなったのは
ドラッグストアで売っていたマツウラの漢方薬です。
12包で 1400円程度でした。

このサイトのは1200円
半夏厚朴湯 エキス細粒12包(松浦漢方株式会社)
https://www.qlife.jp/meds/otc4987457051914.html

漢方薬は高いのが難点ですね。
病院だと保険がきくらしいので安くなるようですね。
もし可能なら、病院で処方してもらえると助かるんですが。


自律神経を整える目的で半夏厚朴湯を飲んだ人の感想
http://kun-maa.hateblo.jp/entry/2015/10/10/073000

http://resutasu.wpblog.jp/%E3%83%91%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E9%9A%9C%E5%AE%B3/%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E8%96%AC%E3%81%AE%E9%9B%A2%E8%84%B1%E7%97%87%E7%8A%B6%E3%81%AE%E6%95%91%E4%B8%96%E4%B8%BB%E3%81%AF%E6%BC%A2%E6%96%B9%E3%81%A0%E3%81%A8%E6%80%9D%E3%81%86.html

漢方薬 自律神経
この2つのワードで検索かけて、半夏厚朴湯 がよくヒットしたのでこれを試しに飲んでみました。
上記 2つのサイトも体調が良くなったとのコメントが書かれていました。

ちなみに断薬してから 1日も会社を休んでいませんし、(もちろん 減薬中も休んでいない)
QOLを下げるようなキツイ離脱症状や不調もないのですが、
まだ、寝起きの不快感や、軽い耳鳴りや 高血圧(離脱症状ではないかも)などがあり、
なんとなく自律神経の切り替わりが上手くいってないような気がするので、続けて飲んでみようと思います。

これからも更なる脳の回復と、自律神経の興奮と鎮静の舵取りの能力の向上を目指して、
回復を後押しするための努力を続けていこうと思います。

あと、もし漢方に詳しい方がいたら、自律神経に良い漢方薬や その他の色々な情報をお聞きしたいです。
関連記事