fc2ブログ


PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 減薬・断薬へ
にほんブログ村

断薬減薬ランキング
2014/06/27

心臓がそわそわ ざわざわ するような感じ





なんとなく胸苦しくて、心臓がそわそわ ざわざわするような感じ
これは離脱症状なのだろうか?

筋肉の硬直はとっくにとれてるのだが、
今の症状が消えないと、今週の減薬は無理かもしれない?

離脱症状なのか?別の原因なのか?

とにかく、100%何もない状態じゃないと減薬はしないつもりだ。
体調を見ながら、減薬するかどうか決めようと思います。


関連記事
2014/06/27

【43% 6日目 朝】昨日の妙な感じは6割方回復【411日目】 





昨日の変なだるさ、胸のざわざわ感、などはかなり軽減しました。

明日か、明後日減薬する予定なので
離脱症状かどうかわからない妙な不調は勘弁してほしい。(笑)


ワイパックス減薬状況
日付1回量1日量減薬率
減薬開始時2013.5.12朝・夜 各1.00mg  2.00mg/日 100%
現   在2014.6.27朝・夜 各0.43mg0.86mg/日43%


関連記事
2014/06/26

胸のざわざわ感 妙なだるさ 首の後ろの張り





いつもと違った変な感じ。

首の凝りはほぼ無いし、頻脈もないので
離脱症状ではないよう気がしますが。

変な胸苦しさと、ざわざわする感じ
なんとなく けだるい
首の後ろが張ってる感じがする。

なんだかよくわからないけど
早く収まって欲しい。

減薬してるときは、全ての不調を
離脱症状と思ってしまう傾向があるので
(少し前に筋肉酷使による筋肉痛で不眠だったのを離脱症状と勘違いしたことがある)
気を付けなければ・・・

あの時は不要に薬の量を戻してしまった。
体調を注意深く観察して、不要な薬増量をしないように気を付けたい。

それにしてもこの妙な感じ 早く収まって欲しい。
関連記事
2014/06/26

【43% 5日目 朝】 筋肉の硬直 消失 【410日目】 





完全に筋肉の硬直は消失しました。

次の減薬は2日後で、42%にします。

今のペースなら、
7/12に 40%、7/19に 39%に 到達する予定。

1回の減薬量は、アシュトンマニュアルの 1/10という微量ですから
この先も恐らく そう問題もなく、進めると思います。

ただ時間はかかってしまうけど、10年飲んできたのだから
時間がかかっても仕方がない。
1~2年で減薬・断薬までもっていければ御の字。


ワイパックス減薬状況
日付1回量1日量減薬率
減薬開始時2013.5.12朝・夜 各1.00mg  2.00mg/日 100%
現   在2014.6.26朝・夜 各0.43mg0.86mg/日43%


関連記事
2014/06/25

ベンゾ依存と減薬についての情報












ベンゾ依存と減薬について今まで学んだこと、経験したことをまとめてみました。

1.ベンゾは依存形成する
ベンゾジアゼピン系抗不安剤は、長期間飲むと依存を形成し、薬を止めると「離脱症状」(=禁断症状)を発症する。
ベンゾジアゼピン系薬剤は一番下の表参照(ウィキペディアより)

2.離脱症状とは 交感神経の暴走
ベンゾジアゼピンが一定期間以上、毎日届けられることで、脳は、構造的・機能的な変化をきたす。複数の神経伝達物質を分泌する神経細胞系が、ベンゾジアゼピンが補助してくれることを当然の前提として働くようになり、副交感神経系の神経細胞は機能低下し、交感神経系は機能が亢進した状態になる。そこにきて、一気に、もしくは短い期間でベンゾジアゼピンという梯子を外すことで起こる脳の大混乱 つまり つまり亢進した交感神経系が暴走し、機能低下した副交感神経系がブレーキをかけることが出来ない状態。が離脱症状です。

3.ベンゾジアゼピン長期服用の影響で脳はダメージを受けている
長期間に渡るベンゾジアゼピンの影響により脳は構造的・機能的ダメージを受けている。副交感神経系において、神経伝達物質を受け取るGABA受容体が減少し、抑制機能がしている。これらのダメージを徐々に減薬することにより回復させる必要がある。

4.減薬の目的は脳の回復
減薬・断薬は目的ではなく、脳を回復させるための手段である。徐々に減薬することによって、薬が働いていた分を脳に自力で働くように仕向けるのが目的である。薬の濃度を次第に下げていって、その分脳が自力で働くように仕向ける。そうして最終的に薬を飲み始める前の健康な脳に回復させるのが目的である。

5.脳が回復しなければ先に進めないし、進んではいけない。
減薬は、脳が回復させるのが目的なので、脳が回復しているかどうかを確認しながら進む。スケジュールが大事なのではなく脳が回復しているかどうかが大事である。離脱症状が出ている間はスケジュールを進めてはいけない。(普通は進めないはずだが) 離脱症状が収まっても、体調を良く観察しながら、進むべきかどうか判断するべきである。離脱が収まってもなんとなく減薬したくないという気持ちがあるなら それは完全に脳が回復していないのかもしれない。

6.減薬は微量ずつ
減薬は微量ずつが原則。少しずつ減らして、離脱症状が出ないか、出ても耐えうる範囲になるように減薬量を調整する。

7.減薬は長期戦。年単位の時間をかけて

「減薬は飲んでいた期間と同じだけ時間をかける」とは ジャストアンサーの猫山司先生の持論ですが、そこまでかけなくても、年単位の時間をかけるつもりで行うべきだろう。 なぜなら薬を減らすことが目的ではなく、脳の回復が目的だからだ。自然治癒には時間がかかるのである。
私の場合 10年間飲んでいて、1年で減薬するつもりだったが、今のペースだと2年かかりそうだ。そのくらいの長期戦で臨むべきである。

8.ステイする期間は十分にとる。
減薬後、その量を維持(ステイ)する期間は十分にとること。(例 1~2週間) 脳を十分回復させるための期間である。

9.減薬は階段状に行う
つまり減薬は、微量ずつ減らしつつ、その量を維持し、脳を回復する十分な期間を取るようにおこなう。階段状に減らして行くのが良いと思う。

10.減薬時の離脱症状は必要不可欠
減薬後、離脱症状が発症し、一定期間後に離脱症状が収まるのは、脳が回復しているサインである。だからそれは必要な過程であり、減薬により軽い・耐えうる離脱を起こして、それに耐えて収まるまで待つというサイクルを繰り返すのが良いと思う。

11.耐えがたい離脱症状の対応
耐えがたい離脱が起こった時は、薬の量を1ステップ前に戻す。それでも収まらないときは、2~3ステップ前に戻してみる。思い切って戻しても、一度経験した量まではすぐ減薬出来る。(私自身の経験上)

12.「心が折れる」ことが減薬の最大の敵
減薬は「微量」ずつ減らす。維持する期間を十分にとって、「急がず、焦らず、ゆっくりと」
機械的で厳格すぎるスケジュールよりも、体調優先で柔軟に減薬量や減薬スピードをコントロールすることが大事。
おそらく、1週間毎とか、2週間毎に減らすとか、おおまでも減薬スケジュールみたいなものが、それぞれあると思うが、
怖いのは減薬スケジュールから遅れることよりも、急ぎ過ぎて耐えがたい離脱症状jが出て「心が折れて」自暴自棄になって、減薬する気概がなくなり、減薬を諦めて再び減薬開始前の元の量を飲み続けるようになるのが一番怖いと思う。だから、離脱症状を最小限に抑えるべく微量ずつ減らすことと、脳が十分に回復してから先に進むべできある。時には後戻りすることも恐れずに。

13.減薬し脳が順応すればそこから減薬再スタート
昔、減薬して量が減るほど、減薬が大変になるようなことを書いてるサイトを良く見かけた。
量が半分以下になると離脱症状が段々きつくなるとか、断薬前の最後の段階ほ離脱症状が激しくてが大変だとか、書いてあるのをよく見かけた。
脳が全く回復してなければ、その通りだろう。

しかし、仮にワイパックス1mgから減薬スタートし、0.5mgまで減らして、離脱症状もなく、過ごしていける状態になったする。その人は最初から0.5mgを長期間飲んでる人と同じスタートラインに立ったと言える。つまりそこから減薬スタート出来るのである。
0.4mgまで減薬すればまたそこからスタート。
0.3mgまで減薬すればまたそこからスタート。
低用量になるほど離脱が激しくなるとか、大変になるとか、
そんなことは、脳が回復し順応している限りないと思う。

脳が回復させながら、脳に低用量に順応させながら、徐々に微量ずつ減らせば、離脱症状がきつくなるとは思えない。
少なくとも44%まで減薬した僕の今までの経験ではそう(44%未満は未知の領域ではあるからなんとも言えないが)
脳の回復より早いペースで減薬するから離脱症状がきつくなるのだ。
常に自分の体の状態を把握しながら、脳が回復しているかどうか?離脱症状が回復したかどうか?、を感じながら、減薬量と減薬スピードをコントロールすることが大事だと思う。

ベンゾジアゼピン系薬剤 一覧  (ウィキペディアより)

uuuuuuu.jpg

関連記事
2014/06/25

医者の無知でベンゾ一気断薬させられた方々





医者の無知でベンゾを一気断薬させられ、
離脱症状に苦しむ方が結構おられるようです。

そういう方が助けを求めて質問しているサイトがあちこちにあるのですが
既に断薬して激しい離脱症状に耐えてる方々に
「減薬は徐々に微量ずつ年単位の時間をかけて」
と助言しても意味をもたないので、

まだベンゾ服薬中で減薬しようと思ってる方々が医師の無知に振り回されないように
このブログで情報発信して、拡散していくしかないと思いました。

ブログ見た人がまた自分のブログで情報発信し、情報が拡散していけば、
正しい減薬方法を身に着けた人が増えていって、
医師の無知に振り回されることの無いようになればいいのですが。

関連記事
2014/06/25

【43% 4日目 夜】 9割方回復 【409日目】 





首もまわるようになってきました。
ちょっと引っかかる感じもあるけど、
筋肉の凝りはほとんど取れて、柔らかい筋肉が戻ってきました。

週末 減薬大丈夫そうです。
次は 42%
50%を切った時は、やっと半分かって感じでしたが
40%を切って、30%台に突入すると、かなり減らした感じがします。

何より、毎週同じパターンで 
減薬→軽い離脱→離脱収束・回復→減薬
を繰り返せていることが心強い。


ワイパックス減薬状況
日付1回量1日量減薬率
減薬開始時2013.5.12朝・夜 各1.00mg  2.00mg/日 100%
現   在2014.6.25朝・夜 各0.43mg0.86mg/日43%


関連記事
2014/06/25

【43% 4日目 朝】 首が多少まわりにくい 【409日目】 





首が多少まわりにくいけど、離脱症状はほぼ収束したようです。

水曜日でこの回復度なら、週末には次の減薬出来そうです。


減薬進捗状況(クリックで拡大)

減薬進捗  


ワイパックス減薬状況
日付1回量1日量減薬率
減薬開始時2013.5.12朝・夜 各1.00mg  2.00mg/日 100%
現   在2014.6.25朝・夜 各0.43mg0.86mg/日43%


関連記事
2014/06/24

Water Titration ( ウォーター タイトレーション )





Water Titration ( ウォーター タイトレーション ) で 検索すると 
海外のサイトや動画がヒットします。
これは、私が今減薬している方法である 「水溶液減薬」 のことです。

水溶液減薬は、いかに微量ずつ減らすかを考えていた時
自分で思いつきました。

錠剤を割る方法は、1/2や 1/4にするのが精いっぱい。
以前のその程度の割り方で減薬失敗してるので、そんなおおざっぱな減薬ではまた失敗する。

もっと微量ずつ減らす方法を考えなくてはならない。
最低でも1年以上かけて、減薬しようと思ってたし、
ステイを1週間は確保しようと思っていた。

ということは50週 つまり 1/50に割らねばならない。
そんなことは、ピルカッターでも不可能。

で、考えていくうちに
「水に溶かせば、いいのではないか?」
「そうすれば、計量カップの目盛で正確に1/10でも 1/20などの微量を減らすことが可能」
「更に、注射器を使えば 1ml 単位で 1/50でも 1/100の量を減らすことが可能」 

そして、計量カップや注射器などを買い込んで、始めたのですが
サイトを検索してみたら、水溶液減薬として結構やられてる方がいた。
仲間がいたので嬉しかった記憶があります。

ただ一つの難点は、
ワイパックスは水に溶けないので、均一にするのが難しい。
勢いよく混ぜて、均一になってる間に注射器で吸い取ってましたが
脂溶性という性質をいかして、牛乳など、脂質を含む液体で減薬する方もいるようです。





関連記事
2014/06/24

【43% 3日目 夜】 7割回復 【408日目】 





回復が今回早いような気がします。
離脱症状である筋肉の硬直もいつもより軽めでした。

首あたりの筋肉の硬直がまだ少し残っていますが、
日常生活や気分に影響を与えるほどではありません。

明日、明後日、順調にいけば
また週末に42%にトライします。

ちなみに最近のワイパックス水溶液減薬の水の量の変化

ワイパックス水溶液減薬 
5/17(夜)より 47ml服用中
5/24(夜)より 46ml服用中
5/31(夜)より 45ml服用中
6/02(夜)より 46ml服用中
6/07(夜)より 45ml服用中
6/14(夜)より 44ml服用中
6/22(朝)より 43ml服用中

1か月で 4ml 減っただけです。
一度量を戻してるので、そうなりますね。

進んだり戻ったりしながら、1歩ずつ前進していけばいい。
そういう気持ちで頑張ります。

ワイパックス減薬状況
日付1回量1日量減薬率
減薬開始時2013.5.12朝・夜 各1.00mg  2.00mg/日 100%
現   在2014.6.24朝・夜 各0.43mg0.86mg/日43%


関連記事
2014/06/24

【43% 3日目 朝】 首の筋肉の硬直まだ続く 【408日目】 





43%に減薬して3日目。

筋肉の硬直が苦痛と感じるレベルではなくなりました。
しかし、まだ硬直は残っています。
特に首あたり。

6割くらい回復した感じです。

このまま収束して、次の減薬に備えられればいいんですが
4~5日経たないとわかりません。

このまま1週間 1%の減薬が習慣化出来るといいのだが。


ワイパックス減薬状況
日付1回量1日量減薬率
減薬開始時2013.5.12朝・夜 各1.00mg  2.00mg/日 100%
現   在2014.6.24朝・夜 各0.43mg0.86mg/日43%


関連記事
2014/06/23

【43% 2日目 夜】 筋肉の硬直が軽減 【407日目】 





 43%に減薬して、2日目。
昨日は全身の筋肉が硬直していましたが、
今朝は、寝てる間ずっとヘルストロンをかけていたせいか
硬直が軽減していました。

そして今日の午後から、全身の硬直はかなり消失し
首まわりだけになっています。

首のまわりもかなり楽になっています。

ヘルストロンは通常、起きてる間に3回くらいに分けて、合計2時間くらいかかるんですが
就寝中に、寝式ヘルストロンで6~7時間かけっぱなしだと、回復が早いようです。

これからは、減薬直後は、就寝中ヘルストロンかけっぱなしにして
血流の改善・血液の質の改善をおこなって、脳の回復を早めようと思います。


ワイパックス減薬状況
日付1回量1日量減薬率
減薬開始時2013.5.12朝・夜 各1.00mg  2.00mg/日 100%
現   在2014.6.23朝・夜 各0.43mg0.86mg/日43%


関連記事
2014/06/23

減薬グラフ





40%が目前になってきました。


減薬グラフ(クリックで 拡大)

GURAFU20140623.jpg
関連記事
2014/06/22

【43% 1日目 夜】今朝より 43%に減薬。【406日目】 





今日は割と体調が良かったので、
1日遅れで、今朝飲む分より減薬しました。

43%(0.86mg/日) に減薬しました。


服薬量減薬割合
減薬開始当初の量2mg/日100%
昨日までの量 0.88mg/日44%
今日からの量0.86mg/日43%


今日の朝と夜の分が 43%量です。

今のところ、いつもの全身の筋肉の硬直だけです。
硬直の度合は いつもより多少軽い感じです。

さて1週間ステイしますが、離脱症状は収束するのか?

今日、自分の減薬スケジュールは、
アシュトンマニュアルよりゆっくりペースということがわかって安心しています。
 
しかも、かなりゆっくりペース。
1回の減薬量は、かなり少ない。

100mlのワイパックス水溶液を 1mlずつ減らしているわけだから、
要するに、錠剤を100等分して、その1/100ずつ取り除いて飲んでるようなもの。
水溶液減薬ならではの技ですね。


ワイパックス減薬状況

【減薬開始時2013.05.12】 朝・夜 各1.00mg  計2.00mg/日
【現   在2014.06.22】 朝・夜 各0.43mg  計0.86mg/日
関連記事
2014/06/22

減薬スケジュール アシュトンマニュアルとの比較





僕の減薬スケジュールは アシュトンマニュアルと比較してどうなのか?
調べてみました。

(この記事の一番下にアシュトンマニュアルにおける
ワイパックス(ロラゼバム)の減薬スケジュールがあります。)


アシュトンマニュアル
http://www.benzo.org.uk/amisc/japan.pdf

僕の減薬スケジュールは 
2mg/日から スタートして

100%(2mg/日)~50%(1mg/日)まで 1週間毎に 0.04mg/日 ずつ漸減
50%~44%まで 1週間毎に 0.02mg/日 ずつ漸減

一応、現状44%まで減薬してますが、これからも 1週間毎に0.02mg/日 ずつ
のペースで減薬していく予定です。


それに対して アシュトンマニュアルはどうでしょう?

下の表は、ロラゼバム(ワイパックス)1日6mg/日からの減薬スケジュールです。
最初は、まず ジアゼバム60mg への置換をやってます。
(ロラゼバム1mg と ジアゼバム 10mgが等価)

1週間毎に、徐々に置換していって最終的には 60mgのジアゼバムに置換しています。
実際は、置換しながら、減薬も進めています。

減薬の前半と後半で減薬する量が違うようですね。
ジアゼバム30mg(50%)まで 1~2週間に 5mg単位で減らしてます。
ジアゼバム20mg(33%)まで、1~2週間に 2mg単位で減らしてます。
それ以下、断薬までは 1~2週間に 1mg単位で減らしてます。

これをワイパックスの量に換算すると
50%まで、0.5mgずつ 減らす
33%まで 0.2mgずつ減らす
それ以下では 0.1mg単位で減らす

僕の場合は 
50%まで 0.04mg/日 ずつ漸減
50%未満では、0.02mg/日 ずつ漸減 

なので

アシュトンマニュアルのほうが、かなりペースが速いです。
(最初の量が 6mg と多かったせいもあるかもしれませんが)

僕の場合、量はこのマニュアルの例の6mg/day の 1/3 の 2mg/day ですが
10年間の長期間飲んでいたし、離脱耐性や回復スピードも違うでしょうから 
やはり、僕には自分の経験上割り出した減薬ペースがあっているようです。


アシュトン ワイパックス減薬1 アシュトン ワイパックス減薬2 アシュトン ワイパックス減薬3
















関連記事
2014/06/20

【44% 7日目 夜】ほぼ回復。明日の減薬は延期【404日目】 





44%に減薬して 7日目。
ほとんど回復に近い状態ですが、100%とはいえない感じです。

明日の減薬は延期して、もう少しステイします。

期限はない。
せっぱつまって断薬する状況でもない。
減薬は来週に持ち越しです。

ワイパックス減薬状況
【減薬開始時 2013.05.12】 朝・夜 1.00mg ずつ服用。 1日2.00mg/日
【現   在 2014.06.20】 朝・夜 0.44mg ずつ服用。 1日0.88mg/日
関連記事
2014/06/19

80%回復





朝よりは首が回りやすくなってきました。

やはり硬直があったのでしょうか?
しかし 100%回復とはいかないようです。

いつもだと、5日目には100%回復し
次の減薬に向けて、やってやるぞ~ という気持ちになるんですが・・・・

今日の段階で、「減薬したくない」という心の声が聞こえます。
なるべくスケジュールにのって減薬したいですが
体調を無視してまで、機械的に減薬することはしたくないので
体調と自分の感覚を大事にして、もう少しステイすることにします。

週末の減薬は、すこし延長します。


ワイパックス減薬状況
【減薬開始時 2013.05.12】 朝・夜 1.00mg ずつ服用。 1日2.00mg/日
【現   在 2014.06.19】 朝・夜 0.44mg ずつ服用。 1日0.88mg/日
関連記事
2014/06/19

【44% 6日目 朝】 まだ完全回復しない 【403日目】 





44%にして6日目。
通常だったら、完全に回復している時期ですが
まだ、すっきりしません。

離脱症状的なものは、ほとんどないんですが
やはり首に多少硬直が残ってるようです。
首をまわすと、なんとなくわかります。

ちょっとステイ期間を延長することになるでしょう。
耐えるようなきつい症状は何もないんですが、
完全にすっきりと回復してから次の減薬に移った方がいいと思うので
もうちょっと様子を見ます。

ワイパックス減薬状況
【減薬開始時 2013.05.12】 朝・夜 1.00mg ずつ服用。 1日2.00mg/日
【現   在 2014.06.19】 朝・夜 0.44mg ずつ服用。 1日0.88mg/日
関連記事
2014/06/18

すっきりしない





44%にして 5日目ですが、

なんだかすっきりしないです。
筋肉の硬直はほとんど収束している感じだし、
そう気分が悪いわけじゃないんですが、

まだ100%全回復という感じではないです。
なんだろう。このもやもやした感覚は。

いつもだと、減薬して4~5日目は
まるで憑き物が取れたように良くなるんですが・・

しかし首を良く触ってみると、
多少、コリコリした部分があるので
これのせいだろうか?

とりあえず、自分の感覚を信じて
減薬しないほうがいいと感じるときは、
週末の減薬は延期しようかと思います。


現在の服用量44%(水色)と、減薬量56%(黒) イメージ

減薬イメージ

この円が減薬当初のワイパックス1錠1mgとすると
水色部分が現在の飲んでる量で、全体の44%
黒色部分が今まで減薬してきた量で 全体の56%
です。

ワイパックス減薬状況
【減薬開始時 2013.05.12】 朝・夜 1.00mg ずつ服用。 1日2.00mg/日
【現   在 2014.06.18】 朝・夜 0.44mg ずつ服用。 1日0.88mg/日
関連記事
2014/06/18

【44% 5日目 朝】 7~8割 回復 【402日目】 





まだ何かすっきりしないのですが
昨日よりは 良くなってる感じです。

ただ 100%通常運転とはいえないです。

昨日から雨のせいでしょうか。
今朝も よく降ってますね。

ワイパックス減薬状況
【減薬開始時 2013.05.12】 朝・夜 1.00mg ずつ服用。 1日2.00mg/日
【現   在 2014.06.18】 朝・夜 0.44mg ずつ服用。 1日0.88mg/日
関連記事
2014/06/17

【44% 4日目 夜】 平行線 【401日目】 





離脱症状は、6~7割回復した感じです。
まだ すっきりしません。

毎週 4日目夜くらいになると、9割方回復してるんですが・・
まだ 6~7割くらいの回復

筋肉の硬直も首あたり 微妙に残ってる。
気分もまだ、すっきり回復した感じがない。

この状態では、週末続けて減薬は難しい感じです。

明日も完全に回復しない場合は、
ステイ期間を 1週間から 10日くらいに延期するかもしれません。


ワイパックス減薬状況
【減薬開始時 2013.05.12】 朝・夜 1.00mg ずつ服用。 1日2.00mg/日
【現   在 2014.06.17】 朝・夜 0.44mg ずつ服用。 1日0.88mg/日
関連記事
2014/06/17

【44% 4日目 朝】 早朝覚醒 【401日目】 





相変らず朝は気分が悪い。
筋肉の硬直具合は昨日の午後と同じくらいでしょうか。
6割くらいは回復してる感じです。

しかも最近気になるのが、早朝覚醒です。
5時台に目が覚める。
ここ数週間ずっとそんな感じです。
そのあと寝なおしてまた寝ているからいいんですが。
これで寝不足で体調に影響があるようだと問題ですが
今のところ最低限の睡眠はとれているようで、
体調に影響も出てなさそうなので考えないことにします。

首を触ってみると、固かった筋肉がかなり柔くなってきました。
他の部位もこわばりがなくなってきて、動かしやすくなってきました。

今日を乗り切れば、多分 離脱は収束し、安定に向かうと思われます。
そうすれば、週末までステイするのみです。
とりあえず今日をなんとか乗り切りたいと思います。

この方も水溶液減薬でしょうか 牛乳?



ワイパックス減薬状況
【減薬開始時 2013.05.12】 朝・夜 1.00mg ずつ服用。 1日2.00mg/日
【現   在 2014.06.17】 朝・夜 0.44mg ずつ服用。 1日0.88mg/日
関連記事
2014/06/16

【44% 3日目 夜】6割ほど回復【400日目】 





離脱症状が出た状態で、仕事に行くほど辛いものはないですね。

午前中はまだ、筋肉の硬直が続いてましたが、
しかし、今日の昼ごろから段々、症状が収まってきました。

足や腕の筋肉の硬直はかなり消失してきました。
首や肩がまだ残っていますが、かなり硬直が和らいできた感じがします。

全体として 6割程度回復した感じです。
このまま回復に向かえば嬉しいですが。

今日は44%に減薬して3日目ですが、
減薬後4日目に頻脈が出て、量を戻したことがあるので。
4日目まではまだ安心できません。

ワイパックス減薬状況
【減薬開始時 2013.05.12】 朝・夜 1.00mg ずつ服用。 1日2.00mg/日
【現   在 2014.06.16】 朝・夜 0.44mg ずつ服用。 1日0.88mg/日
関連記事
2014/06/16

【44% 3日目 朝】不調がまだ続いている【400日目】 





44%にして 3日目の朝
今朝も首や肩は硬直してる感じです。
気分もあまり良くありません。

腕や足は少しこわばりが少なくなってきたような気もします。

今日で減薬開始して 400日目

今 44%=0.44mg飲んでいるので、
56%=0.56mg漸減したわけですが
計算したら、1日に 0.0014mgのペースです。
約1週間で 0.01mg ペース

ん?
つまり今のペースですね。
結局、減薬から1年間は、0.02mgずつ漸減する計画でやってきたものの
離脱症状で、ステイ期間を延長したり、戻したりしたため、
ペース的には 0.01mgペースになっていたようです。

今、わりと軽い離脱→数日で回復という良いサイクルで減薬が行われているので
この 1週間 0.01mgというペースは いいのかもしれません。

50%になって、今まで通り 0,02mg減らすか、0.01mgずつ減らすか
考えたんですが、正解だったようです。


海外でも同じような器具使って減薬してるようです。




ワイパックス減薬状況
【減薬開始時 2013.05.12】 朝・夜 1.00mg ずつ服用。 1日2.00mg/日
【現   在 2014.06.16】 朝・夜 0.44mg ずつ服用。 1日0.88mg/日
関連記事
2014/06/15

【44% 2日目 夜】全身筋肉の硬直・気分悪い【399日目】 





今日は、首の硬直とそれによる気分が悪さで
昼間はヘルストロンにかかって2~3時間寝てました。

硬直はいまだにあります。
首だけじゃなくて、全身が硬直してる感じです。

いつも首と肩だけ言ってましたけど、
全身をくまなく触ったり、感じてみると
硬直しているようです。

足も手も筋肉がこわばり、固くなってるようです。
やはり、中枢神経の暴走は全身に命令がくだされているようです。

やはり首と肩の硬直は感じやすいし、頭痛や気分の悪さにもつながるので
意識しやすいのですが、他の場所はよほど意識しないとわからないです。

減薬するたびに、同じような感覚は感じていたんですが
首の硬直にとらわれて気づかなかったようです。


ワイパックス減薬状況
【減薬開始時 2013.05.12】 朝・夜 1.00mg ずつ服用。 1日2.00mg/日
【現   在 2014.06.15】 朝・夜 0.44mg ずつ服用。 1日0.88mg/日
関連記事
2014/06/15

離脱発症 首の硬直・多少気分が悪い





いつも減薬した翌日の朝10時頃から、じわじわと 首の硬直が始まるのですが・・・

いつも通りというか、
今回も 来た感じです。

だんだん気分も悪くなってきました
首が凝ると なぜか気分も良くないです。

で、肩を触ってみると やはりいつもり固い。
更に、他の部位の筋肉もいつもより固い気がします。

筋肉の硬直が首だけ限定で来るとは思えないので
全身に症状は出るけど、首が気分に一番影響するのだと思います。

週末に減薬するのは、
一番きつい離脱症状発症の初日を休日で耐えるためなんですが
おかげで、毎週、気分の悪い休日を過ごしてます。

断薬できるまでの辛抱とはいえ、辛いです。
関連記事
2014/06/15

【44% 2日目 朝】今の所不調なし【399日目】 





昨日 44%=0.44mgに減薬しましたが
今日は、今の所、不調らしきものはありません。

44%=44ml飲み終えた後の 計量カップ
(56%=56ml残ってるはずです。)

140615_090009 小


だいてい翌日の午後くらいから不調になるんですが
今のところその気配はなし。
このまま不調なくステイ出来ると嬉しい。

離脱が出ないということは、
この量に耐えうる脳に回復しているということだと思う。
前の量45%は、一度離脱が発症して46%に戻しているので2度目である。
2度 45%を経験したことで、44%にも耐えられる脳に回復したのだろうか?

しかし、私が考えるに、
離脱症状の発症は脳の回復に必要な過程であり、避けて通れない道であると思う。

毎回、離脱が出て、数日すると収まるのは、

   離脱発症→足りない機能を脳が回復して補う→離脱症状収束

ということが起こっているのではないかと推測してます。


ワイパックス減薬状況
【減薬開始時 2013.05.12】 朝・夜 1.00mg ずつ服用。 1日2.00mg/日
【現   在 2014.06.15】 朝・夜 0.44mg ずつ服用。 1日0.88mg/日
関連記事
2014/06/14

【44% 1日目 夜】45%→44%に減薬【398日目】 





今日の夜の分から、45%を 1%減らして 44%に減薬しました。

ここ2~3か月 たった 1%=0.01mg 減らしただけで
必ず不調になります。

たいていは、許容範囲内の首周辺の筋肉硬直ですが 
たまに許容範囲を超える離脱症状が襲ってきます。

最近では、頻脈でした。
1分間100回を超える頻脈が出ると
仕事はもちろん、日常生活にも支障をきたすので
この時は量を戻しました。

さて、今回はどうなるのか?
いつも減薬した後は不安になりますが・・・・

時には量を戻したり、
時には離脱が収まるまでステイ期間を延長することも出来る
そういった柔軟性を持ちながら、心が折れることのないよう 減薬を進めていこうと思います。

ワイパックス減薬状況
【減薬開始時 2013.05.12】 朝・夜 1.00mg ずつ服用。 1日2.00mg/日
【現   在 2014.06.14】 朝・夜 0.44mg ずつ服用。 1日0.88mg/日
関連記事
2014/06/14

【45% 8日目 朝】今日減薬の日【398日目】 





今日の夜の分から 45%を 44%に減薬します。

①いつでも量を戻せる。
②「45%まで減らした薬を更に減らす」とは考えない。
 現在の量には順応しているので 今日から減薬スタート。1%減らすと考える。

この2つを意識しながら、今日の夜から減薬します。

ワイパックス減薬状況
【減薬開始時 2013.05.12】 朝・夜 1.00mg ずつ服用。 1日2.00mg/日
【現   在 2014.06.14】 朝・夜 0.45mg ずつ服用。 1日0.90mg/日
関連記事
2014/06/13

【45% 7日目 夜】減薬中なのを忘れてる【397日目】 





45% 7日目の夜
明日は減薬の日です。

今日も、減薬中であることを忘れていました。
体調良好なステイ期間でした。

思えば、
85%で初めて離脱症状が出て量を戻し
60% で離脱症状のために一か月以上足踏みし、
50%手前でも離脱症状のために思うように進まなくて減薬に時間がかかったのだが

今は、45%を飲んでも、体調良好でいられる。
人間の回復力は素晴らしい。

人間は自ら治る力を持っている。
それを引き出してやらねばならない。
そういう努力は、車を洗車するより大事である

take it easy

P.S
最近よくこんなもの飲んでます(内容量1000ml)
140613_210603 小


ワイパックス減薬状況
【減薬開始時 2013.05.12】 朝・夜 1.00mg ずつ服用。 1日2.00mg/日
【現   在 2014.06.13】 朝・夜 0.45mg ずつ服用。 1日0.90mg/日
関連記事