fc2ブログ


<最新記事>

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 減薬・断薬へ
にほんブログ村

断薬減薬ランキング
2037/01/01

Top Menu





ベンゾジアゼピン減



Kindle電子書籍 発売中
BenzoHyousi1024.png 22.png yakuGen1.jpg yakuGen2.jpg


前書き

ベンゾジアゼピン系薬剤は、依存性があり、欧米の一部の国では処方期間が2~4週間以内に限定されています。

日本では、いまだに睡眠障害や肩凝りなどで安易に処方されており、医師の知識不足と依存や離脱症状を認めない姿勢の為に、いまだにベンゾジアゼピンによる薬害で苦しんでいる方は存在します。

医師が無頓着なのであれば、患者が知識を持ち、自己防衛するしかありません。 依存というと買い物やパチンコに依存するような生易しい語感がありますが、ベンゾジアゼピンの依存は、脳の機能低下・機能障害です。

人間の体は内部の環境を変化させるものが外部から入ってくるとそれに抵抗します。恒常性維持=ホメオスタシスと呼ばれるものです。ベンゾジアゼピン依存はその仕組みによって生じます。ベンゾジアゼピンに限らず、薬剤の反復投与に伴って、その薬剤が作用する受容体の数が減少するなど、薬剤の作用点に組織レベルの変化が生じた結果、薬剤が効きにくくなる耐性という現象が起きます。

ベンゾジアゼピンの場合も同様の仕組みで、GABA受容体が減少し、自律神経のブレーキ機能を失います。それをベンゾジアゼピンが支えている状態が依存であり、減断薬でその支えを取り去るとブレーキが効かない自律神経は暴走し、過興奮と呼ばれる状態になります。これが離脱症状です。

減薬や断薬は「薬を体から抜く」ことではありません。減薬は手段であり、目的はベンゾジアゼピンによって機能低下した脳の回復自律神経の抑制系の機能回復を図ることです。

日本ではベンゾジアゼピンが想定外の使われ方をしており、月単位や年単位で服用している人が当たり前に存在します。そのような長期間かけて減少したGABA受容体の回復、つまり組織レベルの物理的な回復が必要なので、やはり月単位・年単位の時間がかかるのです。

更には弱った自律神経のブレーキの元では、一気に減らすと猛烈な離脱症状が出るので、少し減らしては様子を見て、また少し減らして様子を見るという繰り返しで長い時間かけて減らすのが理に適っているのです。

少しずつ減らす方法は、錠剤という微小なものが相手なので、「細分化して細かく量れる道具で計量する」か、「体積を増やして分割しやすくするか」だと思います。前者は細粒にして精密天秤や電子天秤で計る方法があり、後者は水溶液減薬があります。手段は重要ではなく、中にはカッターで削って断薬した方もいます。自分に合う方法を選べば良いと思います。



個体差(減薬以前の基本知識)



🔽個体差(必読!)
(一気断薬は、出来る人と、出来ない人がいる )



🔽他の個体差関連

(個体差を理解し自分なりの減薬法を編み出す )


緊急時の対応方法



🔽離脱症状が酷い場合の緊急時の対応方法




断薬した方々の声


🔽断薬者の声
(断薬しました。という生のコメント集 )


当サイトを参考に断薬した方 29名
内訳:2022.5/28現在
  水溶液 19
  電子天秤 1
  カッター 1
  他 8


これだけ多くの方が断薬したことは、「特殊な方だけが断薬出来るということではない」「誰でも脳の回復の可能性はある」ことを意味します。そして「微量ずつ時間をかけて減薬し脳の回復を目指す」という手法が正しいことを意味します。上記通り、確立された方法が無い中で、断薬者は工夫を重ね、異なる微量漸減の手段で実績を出している。何も方法を提示出来ないのに、実績を上げている方法を批判する人間は、自分自身恥ずかしくないのだろうか?


Sponsored Link

YouTube/Twitter


Twitter


メニュー


🔽最初にお読みください

依存形成の仕組み(重要!)


🔽依存の正体
(依存の元凶は脳の構造的変化 )

🔽依存と離脱症状の仕組み
(
ホメオスタシスによる組織レベルの変化 )



Sponsored Link

減薬の手法


🔽水溶液減薬
(自由自在に量を調整出来る微量減薬法 )


🔽減薬の方法

(考えることは「少しずつ減らす」だけ )

🔽減薬を楽にする方法と考え方
(安心と希望を持ちながら減薬する為に )


管理人の減薬~断薬


🔽減断薬状況と服用歴
(サイト管理人のベンゾジアゼピン服用歴 )


🔽減薬日記

(水溶液による微量減薬の2年間の記録 )


🔽減薬グラフと一覧表

(2年間の減薬推移データが一目で見れる)




Sponsored Link

その他の重要な知識


🔽専門家による重要なサイト
(アシュトン博士と猫山司先生 )


🔽ベンゾジアゼピンの知識
(ベンゾジアゼピンの特性を知る )


🔽知は力

(ベンゾジアゼピンに勝つ最大の武器「知識」 )


🔽減薬の目的とモチベーション

(希望と安心感を維持する考え方 )


🔽半減期一覧表

(薬の切れる時間を知る )


🔽ジアゼパム換算表

(置換を行う為の換算表 )


🔽ジアゼパム換算計算

(処方量を入力して計算出来ます )


管理人作成減薬アプリ・その他


🔽減薬アプリ・他自作アプリなど
(ジアゼパム換算と薬剤の登録が可能 )


🔽ベンゾジアゼピン 3択クイズ
(JavaScriptでベンゾジアゼピン関係のクイズ作りました )


🔽人気の記事上位ランキング

(人気記事ランキング )



Sponsored Link


管理人の副業ブログ


ベンゾジアゼピンを卒業後もう数年。
知識欲は別の方面に向いてます。儲ける手法を色々と勉強中です。

🔽Unity個人ゲーム開発 Cocoro & Syu
(元プログラマの管理人によるAndroidアプリ開発 )


🔽せどり転売情報サイト
(せどりの勉強中です。 )


🔽メルカリショップス
(ネットショップ始めました )
d1fzW3fY_400x400.png

🔽カラーミーショップ
(ネットショップ始めました )
スクリーンショット 2022-07-17 091643 TopPage_CocoroSyu.png


私のブログを紹介しくれた方々



■ベンゾ離脱の体験談-ベンゾ減薬断薬の鑑とも言える方のブログを見つけました。
http://blog.livedoor.jp/bzdfree/archives/3650226.html
■産後鬱 ベンゾジアゼピン 抗鬱剤 減薬日記♡(断薬成功)
http://kobuchoro.blog.fc2.com/blog-entry-106.html
■理系なベンゾ減薬Blog
http://genyaku-lab.com/my-pre-exp-01/
■ベンゾ 向精神薬一気断薬失敗→停滞→回復中! 遷延性離脱
https://ameblo.jp/hanaha0000/entry-12587518846.html
■mimoリボトリール減薬中
https://ameblo.jp/mimo-1031/entry-12640538602.html
■ベンゾジアゼピン 記録
http://seira0729.blog.fc2.com/blog-entry-70.html
■ネコムラベンゾ ・ドットコム。
https://nekomura-benzodanyaku.hatenablog.com/entry/genyaku-suiyouekigenyaku_
■ベンゾジアゼピン断薬(成功)(断薬報告の欄にもあります)
https://ameblo.jp/okano08010801/
■ベンゾジアゼピンに離脱症状があるなんて聞いてない(泣)blog
https://gz7274.hatenablog.com/search?q=%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%81%95%E3%82%93
■不安障害とわたし
https://danyakulife.com/reference-blog
■レンドルミンとマイスリーの水溶液減薬の記録
https://brotizolam.hateblo.jp/entry/2018/09/26/203925
■パニック障害・ソラナックス断薬への道
https://nosolana.com/study/
■こっぺぱんブログ
https://kumama1453.blog.fc2.com/blog-entry-305.html
■線維筋痛症 その悪魔の正体
https://blog.goo.ne.jp/harunokaze716/e/c031f9b276088e43d96ff68365c0880e
■ベンゾジアゼピンの断薬をいかに行うか
http://danyaku.web.fc2.com/link.html

■ぴぴの うつ病 薬離脱 減薬日記 
http://pipi26.blog.fc2.com/blog-entry-46.html




以上、まだ紹介して頂いたり、感謝の意を記述してあったりするブログが、他にもあったよう がしますが、過去にみた記憶も薄れて、思い出せません。

いずれにせよ、このように「あなたのブログのおかげです。役に立ちました」という記述を見るのは、私も人間ですから、嬉しいものです。上記の方々当ブログをご紹介いただいてありがとうございます。